• 製品情報
  • 工法紹介
  • 環境への取り組み
  • 会社案内

環境への取り組み

  • 環境への取り組み
    • 端材リサイクルシステム
    • リサイクル原料を使用
    • リサイクルに関する法律

リサイクルに関する法律

循環型社会に向けてリサイクルに関する法律が各産業分野で続々と整備されています。

循環基本法

身近な自然から地球環境にいたる環境全般を保全するための基本的な考え方

循環形社会形成推進基本法

廃棄物、リサイクルについての法律の基本的な考え方

  1. 1「循環型社会」の姿を明示しています。
  2. 2廃棄物のうち有用なものを「循環資源」としました。
  3. 3廃棄物処理の順位を決めています。《(1)発生抑制(2)再使用(3)再生利用(4)熱回収(5)適正処分》
  4. 4 国や地方公共団体、事業者、国民の役割を明確にしました。
  5. 5国の施策など決めました。
廃棄物処理法

廃棄物の処理及び清掃に関する法律

廃棄物全般の排出を抑制し適正な処理を行うことに関しての取り決めです。

資源有効利用促進法

資源の有効な利用の促進に関する法律

使用済み部品の再使用や、省資源・長寿命の設計を行うことなどをメーカーに義務づけています。

建設リサイクル法

建設工事に係わる資材の再資源化等に関する法律

建築物を解体する際に出る廃材を分別し、再利用することを解体業者に義務づけています。

グリーン購入法

食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律

国などが率先して再製品を買うことを推進します。

容器包装リサイクル法

容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律

ビン、缶、ペットボトル等の容器包装を対象に、消費者、市区町村・メーカーに再商品化を義務づけています。

家電リサイクル法

特定家電用機器再商品化法律

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の家電4品目を対象に、消費者・市区町村・メーカーに廃家電のリサイクルを義務づけています。

食品リサイクル法

食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律

食品の製造・販売やレストランなどから出る、食べ残しや生ゴミなどについて事業者にリサイクルを義務づけています。