• 製品情報
  • 工法紹介
  • 環境への取り組み
  • 会社案内

環境への取り組み

  • 環境への取り組み
    • 端材リサイクルシステム
    • リサイクル原料を使用
    • リサイクルに関する法律

端材リサイクルシステム

いま、社会のニーズは、『リサイクル』から『循環型社会』の実現です。建設業界=防水業界も『リサイクル』が求められている時代です。

高まるリサイクルニーズ

2002年5月から「建設リサイクル法」が施行され、建設業界でもリサイクルが強く求められています。その他にも「循環基本法」「循環型社会形成推進新基本法」のもとに各産業分野でのリサイクルが求められています。「建設リサイクル法」で再資源化、縮減が求められているのは、コンクリート、木材、アスファルト・コンクリートの3品目ですが、廃プラスチックなどは最終処分量が多いため、発生抑制、リサイクルが急務となっています。
ダイヤフォルテ防水工業会ではいち早くこのニーズをキャッチし1999年からリサイクルを実施しており、毎年40トン近くの施工端材が製品に生まれ替わっています。

なぜこのような法律ができたのか?

今まで、私たちは大量生産・大量消費という社会を続けてきました。しかし、それによって、ゴミは増加し最終処分場は数年で満杯になるという事態を招きました。法律は、このような社会を見直して、ものや資源を大切にする循環型社会を目指していくことを目的としています。基本的な枠組みとなるのは、循環型社会形成推進基本法です。

循環型社会の輪

循環型社会とは?

今まで、私たちは大量生産・大量消費という社会を続けてきました。しかし、それによって、ゴミは増加し最終処分場は数年で満杯になるという事態を招きました。法律は、このような社会を見直して、ものや資源を大切にする循環型社会を目指していくことを目的としています。基本的な枠組みとなるのは、循環型社会形成推進基本法です。